給湯器の修理と交換、どちらにしようか迷っていませんか
給湯器の修理と交換ではどっちがお得か教えます
東京日化サービス
給湯器の修理と交換で迷ったら

経過年数で修理か交換を使い分ける

給湯器の経過年数が2年未満の場合は修理。 2~8年未満の場合は状態により修理か交換。給湯器の使用年数が8年以上の場合は交換をおススメします。

給湯器を修理するときは有償でもやる価値があるかどうか
Check!
給湯器の寿命がきているなら交換を選択。経過年数が短いなら修理
給湯器の寿命がどのくらいかご存知でしょうか。
一般的に、給湯器の寿命は約10年ほどと言われています。使用頻度により寿命は多少異なってきますが、年数が経つにつれ、部品の劣化などにより、故障しやすくなります。
Point
1

まだ使えるから大丈夫!ではない

まだ使えるから……と安心してはいけません。

給湯器は安価な機器ではありません。それゆえに、

「まだ使えるから大丈夫」

と修理や交換を考えてはいるものの行動に移さない方も多いです。

そんなときに突然壊れて使えなくなってしまい業者を手配しようとしても、時期によってはすぐに対応できないこともあります。故障の多い秋や冬は工事が混み、工事日程が埋まっていて予約できなくなることもあります。そういった事態を避けるためにも給湯器の不調を後回しにせずになるべく早い段階で業者に相談しましょう。

Point
2

給湯器の経過年数が2年未満の場合なら修理

使用年数が2年未満であれば、メーカー無料保証の対象になりますので、無料で修理してもらえる場合が多いです。(※故意による破損、故障の原因によっては有償対応になることもありますので注意してください)

基本的には購入後に1~2年間のメーカー保証がつきますが、機種によっても異なりますので、お手持ちの保証書をご確認してください。

Point
3

給湯器の経過年数が2~8年未満の場合は修理。もしくは交換

修理となると「出張点検料」+「修理作業代」+「部品代」が修理費となります。

ガス給湯器の状態にもよりますが、部品の価格が高い場合もありますし、部品があってもお取り寄せとなることもあり、時間がかかります。
まずは、お使いの給湯器メーカーに、故障の状況を伝え、修理費用の目安を確認されるとよいでしょう。修理費がかかるようでしたら交換したほうがお得になります。
 

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-00-4308 0120-00-4308
受付時間:9:00~17:00
Access

東京を中心にビルメンテナンスのご依頼を請け負う業者は他県からのご依頼にも対応します

概要

会社名 東京日化サービス株式会社
住所 東京都葛飾区鎌倉1-19-14
電話番号 0120-00-4308
対応エリア 東京及び近郊

アクセス

東京にある東京日化サービス株式会社では、都内以外の県からのご依頼にも対応しております。ご依頼はお電話またはフォームから承っており、ご来社いただく必要はございません。お気軽に相談できると好評ですので、サービスに関する相談をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。
まとめ

修理と交換どちらがいいの?

使っている期間で修理をするべきか交換にするべきかを考える

2年未満であれば修理でよいですが、10年以上お使いのガス給湯器の場合、交換をおススメします。修理をすれば、購入するときよりも費用を安く抑えられますが、経年劣化に伴い何度も修理することになるかもしれません。

同じものを長く使っている給湯器でしたら、修理よりも交換したほうが水道光熱費の削減にもなりますので、お得になる場合が多いです。

修理と交換どちらがよいのか迷ったらぜひ、東京日化サービスにご相談ください。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事