介護リフォームをするときのポイントとは
住みやすい家にはそれなりの理由があります
東京日化サービス
お気軽にお問合せください

現在の住まいを活かしたリフォームが増えています

「まだ介護の必要性はないけれど、『終の棲家』は住み慣れた我が家で迎えたい」

けれど、どうしたらよいか分からない。とお悩みの方、住んでいる家を介護リフォームする際のポイントをご紹介します。

介護リフォームのポイント
Check!
自分が介護なんてまだまだ先のこと?
今は大丈夫! でも、将来について不安をお持ちの方はぜひ、東京日化サービスにお任せください。
Point
1

暮らしやすい家にする

介護リフォームのポイントは、高齢者や被介護者ができるだけ自分の力で行動できるように、現在お住いの家のリフォームすることです。
段差をなくすし、家の中を安全に移動しやすくすると、被介護者の活力を生み出すことにもつながり、本人の自立心を保つことができます。

Point
2

介護者の負担を軽くする

介護リフォームには、介護をする人の視点も忘れてはいけません。

在宅介護は、介護をする介護者がいてはじめて成立します。
そのため、介護リフォームは、介護される側だけではなく、介護する側にも配慮した内容でなければなりません。
介護者には肉体的、精神的にも負荷もかかります。そういった負担を軽くするためにも、介護リフォームは必要なのです。

Point
3

将来のことも考えてリフォーム

現在は何も問題なく過ごしていますが、いざ自分や家族が要介護状態となったときに不便な生活になってしまったということはよくあります。

また、軽度の介護状態であってもやがて年齢が上がるにつれ要介護度が上がる可能性もあります。

そのため将来に備えて在宅介護をする際に障害になりそうな場所をなくすことが大切です。
高齢になってから、あるいは在宅介護が始まってしまうと、日々の介護生活に追われ介護リフォームについて考える余裕がなくなったり、とりあえず、「手すりをつけよう」とリフォーム工事をすると、サイズや高さが合わなくて役に立たない工事で終わってしまうことがあるからです。

介護リフォームは早めに計画を立てることが重要です。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-00-4308 0120-00-4308
受付時間:9:00~17:00
Access

東京を中心にビルメンテナンスのご依頼を請け負う業者は他県からのご依頼にも対応します

概要

会社名 東京日化サービス株式会社
住所 東京都葛飾区鎌倉1-19-14
電話番号 0120-00-4308
対応エリア 東京及び近郊

アクセス

東京にある東京日化サービス株式会社では、都内以外の県からのご依頼にも対応しております。ご依頼はお電話またはフォームから承っており、ご来社いただく必要はございません。お気軽に相談できると好評ですので、サービスに関する相談をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。
まとめ

トラブル回避のためにも慌てず計画的に介護リフォーム

東京日化サービスで、理想の介護リフォームを実現しませんか

事前に介護リフォームをしておけば、将来介護が必要な場合だけでなく、自分が歳を重ね、以前よりも身体が動きづらくなったとしても、ご自宅で生活を続けることができます。介護リフォームはご自身の老後について考える良いきっかけにもなるはずです。

この機会にぜひ、ご検討してはいかがでしょうか。

身体の状況に合わない工事を施工しようとする業者もいます。
ほかにも、スロープや手すりなどを必要以上に設置しようとしたり、望んでいないのに高額な材質を使って工事費用を高額にしたりしようとする業者も少なくありません。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事